温泉宿泊向け研修会(観光庁ユニバーサルツーリズム促進に基づいた)~簡単・意識は低く・一歩が踏み出せる~4つ実践:①心のバリアフリー理解と対処③見える化心に寄り添う回答多様な方々約2万名の現場の介助の体験「現場の困る声・理解・対処事例・貸出備品実例・バリア情報の見える化・添う回答・疑似体験」即実践につながります。https://kokoro-ts.co.jp

温泉宿泊施設、観光施設、観光協会、自治体向け研修会

(観光庁ユニバーサルツーリズム促進に基づいた)

~難しくない・簡単・意識は低く・一歩が踏み出せる~

4つ実践:①心のバリアフリー ②理解と対処 ③見える化 ④問合せに心を寄せ回答

足腰が不安な方(杖・車椅子)の旅行・温泉宿泊の誘客に必要なこと

「心のバリアフリー」簡単にできる誘客!(困ること理解・バリア調査と情報発信・問合せの不安解決)

「当事者家族の不安や困ることの理解」➡「事例対処法」

「理解と対処」バリア情報と写真・貸出備品(福祉用具 等)・ソフト面のサービス

「貸出備品(人にやさしい福祉用具)」(詳しい商品割引価格)

「バリアフリー・バリア情報の調査と情報発信」➡「事例対処法」」

「見える化」調査はきめ細かく・情報発信は少数の共通項目・貸出備品の案内

「お問合せ・当日の声かけ接遇」➡「事例対処法」

「問合せに心を寄せる」利用前:不安確認・現状回答で不安解消・当日:案内時確認・声掛け接遇

「視覚障害者と車椅子使用者の疑似体験」➡「疑似体験」

「五感で感じる疑似体験」①視覚障害疑似体験(目隠して段を降りる・ブッフェ声掛け)

②車椅子の段差介助の声かけ(1段・階段移乗)