2014年11月 発病後、初めての旅行実現 Tさま(杖歩行)

心の翼IN出雲大社へ初参加してきました(70歳代後半 男性 脳卒中 杖生活者) 発病後、2年半、デイケアに行っている友達の誘いで、やっと旅行に参加しました。 最初は不安だらけ(車の移乗・トイレ・観光地・ホテルの部屋など)いざ、参加してみると、主人と同じようなハンディーを持たれた方ばかりで、安心しました。 旅行サポーターの方々が献身的にバス乗り降り、観光地の車いすを押していただき、トイレの介助、温泉入浴などサポートしていただき私はそばにいるだけ、おかげで、私もリフレッシュできました。 主人も自信がつき、来てよかった!また旅行したい気持ちが芽生え、次の行ってみたい旅行を決めるのが楽しみになっています 特に、発病後の温泉大浴場に湯たりした入浴後の最高の笑顔! 稲佐の浜の階段をおろし浜辺の波打ち際までサポーターの方々で運んでいただき、波打ち際の潮騒を感じた瞬間、主人の目から涙・・・ こんな主人の喜びを体感できるとは想像もできなく、私の歓喜にあふれました。 出雲大社の手を握り参拝・稲佐の浜でも手を握り人生を見つめなおす瞬間は、私達の生きていく心の光です。