2013年8月 Yさま・Kさまの願い立山旅行を実現

Yさま脊髄損傷・Kさま脳卒中の方々と一緒に、念願・一度入ってみたい立山の実現 立山ケーブルカーの約三十段の段差を4人がかりで抱えていただき、乗車や下車を繰り返し、高原バスや立山トンネルバスの段差も抱えて乗車を繰り返し実現、標高2450Mの室堂にて立山連山の眺望をゆったりと楽しみ、日本一の滝350Mの落差の大爆風を体感しに約片道1キロ600Mの一部急な坂道を往復し90分掛けて体感できました。 大自然がもたらす生きる希望や勇気を与えてくれることに感謝です、また、砺波温泉では現地入浴介助のヘルパーの方のお陰で大浴場の湯船にのんびり入浴、現地福祉輸送のリフト付タクシーのお陰で快適な旅行が出来また。 バリアがあるから出来ないではなくバリアを一緒に楽しみリハビリとして楽しむことが出来、日々の生活の力に変えていただけることを嬉しく思います。 バリアだらけのコースでしたが、実現できて自信となり、次の旅行や生活の目標に向かい、日々のリハビリに励み楽しんでまいります。