2014年7月 Uさまの1年越しのリハビリ目標実現

脳卒中(両麻痺)の70歳代男性に願いを受け1年越しのリハビリ目標 日々のリハビリ、楽しい目標があるから、いたい、つらい、ではなく自らしたい、楽しみたい、家内を少しでも楽にしてあげたい、一度は富士山の上りたい、山頂ではなく、5合目ですが山肌は火山そのものを感じ麓からは、すそ野の広い稜線に感激、湖畔に映るやわらかい富士山に満喫され、元気を持ち帰られました。 旅先のいつもと違う、手すりや介助スペースの広さや右左で思うようにならないこともあり、本人はもちろん介護者の家内も大変です このことが、いつもの生活の中で、自信につながり、外出時の多少の想定外が起きても気にならなくなりました。 1年後のリハビリ目標を模索して現状維持に励んでまいります。 私たちにとって、生きていく希望の光です。平森さん、無理をされず、元気でいて下さいね!