【ユニバーサルツーリズム促進事業】観光フィールド、観光協会、自治体向け研修会:

ユニバーサルツーリズムスペシャリストアドバイザー4つ実践:①ユニバーサルツーリズムの意義 ②ユニバーサルツーリズムの実践 ③連携ブランドを国内外へ発信 ④共感・参画・連携。高齢者の楽しめる観光と幸せを感じられる暮らし」(観光庁ユニバーサルツーリズム促進に基づいた)https://kokoro-ts.co.jp

【ユニバーサルツーリズムセミナー】

観光施設・観光協会・自治体向け研セミナー(高齢者・障がい者の誘客)(観光庁ユニバーサルツーリズム促進に基づいた)

コンセプトの共有「高齢者の楽しめる観光と幸せを感じられる暮らし

4つ実践:①ユニバーサルツーリズムの意義 ②ユニバーサルツーリズムの実践 ③連携ブランドを国内外へ発信 ④共感・参画・連携

「ユニバーサルツーリズムの旅行誘客の意義」➡「地域の連携でユニバーサルツーリズム観光の必要性の共感」

共感と参画」ユニバーサルツーリズム観光で地域活性化・官民連携・町のバリアフリーとバリア情報の見える化

・「ユニバーサルツーリズムの実践」➡「笑顔や喜びを感じホスピタリティ人材育成」

「コンセプト共有実践」 調査・付加価値企画・モニター・情報発信・誘客 

「地域連携でブランド発信(国内外)」➡「五感で楽しめる地域限定の感動体験を提供」

「心に響く感動」大自然・文化・郷土食・体験を通じた人のやさしさを発信

・「滞在型観光でブランド化」➡「訪れてよし、住んでよし」豊かな地域づくり

「地域社会」コンセプトの共感で観光客の定住を促進し、幸せを感じられる社会

現状把握・企画

・「検討リスト」➡「全国唯一・限定・観光・歴史・自然・文化・カルチャー体験・郷土食・春夏秋冬 等」

・「バリアフリー調査」➡「多目的トイレ・移動の導線段差・五感内容・配慮(人的・物)」

・「コンテンツ可能性」➡「多様性のコンテンツを開発(カテゴリーと季節感・多様者利用)」

検証のポイント>

※人的介助・外用室内用車椅子の活用やアウトドア用車椅子や「JINNRIKI」などで感動体験

※受け入れに無理のない体制づくりプログラム

※継続的な取組みによる需要喚起・着実な誘客

※現状把握の参考例

白馬五竜高山植物園(7月23日)        

白馬栂池自然園(7月23日)

白馬岩岳マウンテンハーバー(724日)  

ホテルシェラリゾート白馬(723日)   

【検証】

・「モニターツアー

当事者と関係者の体験からヒアリング

当事者の介助を交えホスピタリティ人材育成(喜び・やりがい・感動体験)

関係者の声をヒアリング

大切にすること

受入関係者へ車椅子を押すなどの介助も交代で体験、参加者の笑顔や喜びを肌で感じていただき、「声掛け接遇体験」はホスピタリティ人材育成につながります

・温泉入浴体験を組み入れ、継続的な取組みによる需要喚起・着実な誘客につなげます(地

域限定)

・モニターツアーの内容をまとめWeb・SNS等」で発信します

【商品化・受入体制】

・「ユニバーサルツーリズム商品情報発信

結果検証(改善点を抽出)

商品化(改善点を修正し商品化)

情報発信(各社ホームページで発信・相互リンクで発信・総括発信)

大切にすること>

・ユニバーサルツーリズム体験プログラムコンテンツの連携し販売できる仕組みづくり

・ユニバーサルツーリズムコンテンツの情報発信方法等ポイントなどアドバイスします

【滞在型観光から定住したいへ】

「やさしさと五感を感じる魅力」

旅行参加で感動し定住したくなる魅力

町の高齢者にやさしい生活

幸せを感じられる暮らしへ

【ユニバーサルツーリズム版・地方創生】

・「地域活性化・持続可能・住みたくなる」幸せを感じるまちづくりを日本・世界へ

国内・外国人旅行者が感動し定住の促進

➡高齢者にやさしい生活に誇りが持てる

➡幸せを感じられる暮らしへ