ユニバーサルツーリズム促進
~だれもが旅行を楽しめる”共生社会の実現”を目指します~

旅行

職場や福祉団体や修学旅行やカウンター個人の手配を行う一般的な旅行業を行っていました。

私が32歳の時に2回目の大病でも生かされ、杖・足腰が不安な方・車いす・障害者・高齢で介護が必要な方へ「旅を諦めることなく、いつまでも旅を楽しめるツアーを通じ、皆さんの笑顔を広げたい!」思いで「心の翼バリアフリーツアー」を1995年にスタートさせました。

福祉等の手配団体旅行を42年間約500万名同行し、2002年に代表を務め、「心の翼バリアフリーツアー」を強化し続けて28年間専任添乗員として同行し、内約3万名の車いすを押す介助を行い、現地温泉入浴ヘルパー手配を約280件行い「喜び・感動・生きがい・健康増進・介護予防・QOL向上」を提供させていただいています。

私達と一緒に旅行(喜び・感動・生きがい)を楽しみましょう!

講師・観光支援

観光庁は、「ユニバーサルツーリズムの市場規模(潜在的)」を4,196万人と2023年6月発表されました。

「障害者差別解消法が2024年4月1日から民間事業者にも義務化」されます。

「2024年春北陸新幹線延伸鶴賀駅」「大阪・関西万博EXPO2025」「訪日旅行(高齢者・障がい者)の再会」など全国各地で「心のバリアフリー」おもてなし(合理的配慮)が求められます。

弊社のユニバーサルツーリズム専門家の講師・観光支援は、観光関係者に観光庁「心のバリアフリー認定」に準じたセミナー・研修を行い、障害者差別解消法の対応・配慮の出来る人材育成を拡げ、「宿泊施設や観光団体や自治体向け」に「滞在型観光を通じ、地域活性化・地域一体高付加価化商品の開発・持続可能な観光・まちづくり・地方創生」の推進を共創させていただいています。

ユニバーサルツーリズム促進を通じ、パートナーと共創しながら研鑽を積み、日本の未来の社会モデルを構築し、”共生社会の実現”に向け、喜びの笑顔を広げ、未来に希望の輝きを、日本と世界へ一緒に照らしてまいりましょう。

2024年1月1日
代表取締役 平森 良典

 


PageTOP