車椅子旅行ツアー 障害者・脳卒中・車椅子・杖歩行でも楽しめる快適な新幹線旅行

代表 挨拶

  • HOME »
  • 代表 挨拶

皆さま、「ユニバーサルツーリズム」、お聴になられたことありますか?

 

観光庁「ユニバーサルツーリズム」は、

すべての人が楽しめるよう創られた旅行であり、高齢や障害等の有無にかかわらず、

誰もが気兼ねなく参加できる旅行を目指します。

 

弊社は、ユニバーサルツーリズム「福祉旅行」を40年、心の翼バリアフリーツアー

(主催)を27年運営しています。

 

心の翼バリアフリーツアーのきっかけは、私が28年前に2回目の大病から生かされたときに

浮かんできた「障害者の方々の屈託ない笑顔」です。「旅行を楽しめる」「温泉に入れる

」を伝え、「笑顔・感動・希望の光・生きがい」を拡げたい思いで1994年に「心の翼」部門

を設立しました。

依頼、関東から九州の各新幹線駅発着のカテゴリー・合理的配慮(車はリフト車・宿泊は

バリアフリー部屋・貸切風呂・リフト付き・現地入浴ヘルパーなど)が選べる商品を通じ、ツアー

560温泉ヘルパー手配約240感動や生きがいを提供させて頂いています。

 

大切にしていることは、お客様の心の寄り添い、「お客様の喜びは私たちの喜び」の

共感です。

代表の家族(兄・母・義母)の脳卒中の発病や再発、病院から回復期、特に在宅介護です。

家内が母を在宅介護する体験から「ご本人の苦労はもちろん、日々介護をがんばっている

家族の心に寄り添い多様な困りごとや不安を一緒に取り除き旅行をコーディネート

させていただいています。

お客様の声は「旅行に行く目標が日々のリハビリに励みになり、達成できた喜びや感動

生きがいを感じ、家族のきずなが深まり、私たちに希望の光QOL向上幸福感を与え

てくれる」この声こそ、私たちにとって、このうえない喜びだと感じています。

 

だからこそ、ユニバーサルツーリズム促進事業(人にやさしい観光と未来の暮らし)で、

「喜び・感動・生きがい・やりがいの拡がる社会」、受入体制強化を通じ「人にやさしい

観光の提供」、教育を通じ「心に寄り添える人育成」、幸せを感じるまちづくりの総合支援

を通じ「未来の暮らす町の創造と共感」に寄与できるようスタッフ一同精進し、ユニバーサル

ツーリズム促進関係者の方々と連携「幸福社会を創造するパートナー」

一緒に目指してまいります。

 

株式会社昭和観光社 代表 平森 良典

202241

PAGETOP
Copyright © 心の翼 バリアフリーツアー All Rights Reserved.現在のページのQRコード
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
テキストのコピーはできません。