障がいを持つ方は多様であり、旅行はきめ細かい配慮や対応が必要となります。視覚障害者⇒「見えない・見え方」に障害。聴覚障害者⇒「耳が聞こえない・難聴・聞こえ方や言語」に障害。肢体障害者⇒「全く歩行が困難・杖など補助具で歩行や身体」に障害。内部障害者⇒「心臓、腎臓、肺臓、膀胱、直腸等」に障害。知的障害者⇒「発達障害や認知症、事故による脳」に障害。精神障害者⇒「総合失調症、躁うつ病の人」。高齢者⇒「歩行や知覚や視覚や聴覚に困難がある人」子ども連れ・妊産婦の人⇒「健康面や行動面で配慮が必要な人」外国人旅行者⇒「言語や習慣に不慣れな点で配慮が必要な人」https://kokoro-ts.co.jp

視覚障害者

⇒全盲や弱視といった視力に障害のある人と、視野障害、色弱といったような「見え方」に障害のある人もいる

聴覚障害者

⇒全く聴力のない人と音を聞き取りづらい難聴の人がおり、耳が聞こえないために言語に障害がある人もいる

・肢体障害者

⇒全く歩行が困難な人(車椅子使用者)だけでなく、杖などの補助具を用いて歩行が可能な人もいる

・内部障害者

⇒心臓、腎臓、肺臓、膀胱、直腸 等に障害のある人など

・知的障害者

⇒発達障害や認知症、事故による脳障害のある人など

・精神障害者

⇒総合失調症、躁うつ病の人など

高齢者 

⇒歩行や知覚や視覚や聴覚などの点で、旅行に困難がある人

子ども連れ・妊産婦の人

⇒健康面や行動面で配慮が必要な人

外国人旅行者

⇒言語や習慣に不慣れな点で配慮が必要な人