説明

心の翼は、50年間の高齢者・障がい者・杖・車椅子旅行を通じ、笑顔・喜び・感動・希望・生きがい・やりがい・幸福感を提供。皆様から現場の困りごとの声、温泉宿泊施設の福祉用具貸出備品の整備情報公開と観光施設の合理的配慮(人的介助や貸出車椅子)の環境整備の課題解決へ支援者のご理解を賜り一緒に幸福を感じられる社会を目指します

詳しくは

私たちは、高齢者・障がい者や杖・車椅子の方へ、バリアフリーツアー(種類は添乗員同行・添乗員同行無し・JRと宿泊フリーパック・タクシーで温泉宿泊)(カテゴリーは世界遺産・日本の四季や文化・大自然の絶景・感動体験・観光列車・のんびり連泊・温泉など)やマイカーで温泉宿泊(バリアフリー部屋と貸切風呂事前予約)の商品を通じ、笑顔・喜び・感動・希望・生きがい・やりがい・幸福感を提供させていただいております

旅を諦めた方に一歩を踏み出すきっかけは旅を利用された先輩の前向きな心です。だから私たちは「利用者のアンケートで大満足の方のお声=お客様の喜びの声」を公開させていただいております、私たちが大切にしていることは「あなたの喜びが私たちの喜びと感じられる幸せ、あなたとつながる」幸福を感じられる社会です

先輩のお声で一歩を踏み出し、諦めていた旅行の体験ができた喜びの襷を、次の方へさしのべるためにたくさんの方々が心の翼の広報に賛同いただき、本質の情報提供(ホームページ・SNS・研修会・講演など)を通じ、多様な方から共感をいただいております。 

皆様から現場の困りごとの心の叫びを感じながら、ひとつひとつの課題解決に向けて進めることは、杖・車椅子旅行の合理的配慮人的介助や福祉用具や外内用車椅子の活用などの連携)の宿泊施設や観光地が少ないなどの課題に対する実践やモニターの実践と対処事例をホームページで「見える化」し、皆様(利用者・家族・受入施設・支援者等)に「困りごとのお声」や「価値(経済・社会・環境)と貢献(企業・地域・社会)」に対する「あるべき姿」の声をお聴きし、更なる社会の課題解決に優先順位を付けて皆様と一緒に実行してまいります。

短期は、高齢者・障がい者や杖・車椅子旅行の利用者の環境整備の促進です。一つ目は、宿泊施設が福祉用具の貸し出しでおもてなし宿泊の促進。二つ目は、観光地が人的介助や室内や屋外用車椅子の活用でおもてなし観光の促進。三つ目は、心の翼バリアフリーツアーなどに組み込み、おもてなし観光フィールド環境の拡充を実践していくことです。

次に、活動理念に賛同いただける多様(利用者・家族・受入施設・共感者・支援者等)な方と経済循環(利用➡受入➡共感者➡支援者)」の促進を通じ、「幸福社会の構築(支援者・共感者➡受入環境整備➡利用➡共感者➡利用者➡幸福感を感じる社会)」循環型のネットワーク・プラットホームの拡充を皆様と共に進めてまいります。

中期は、皆様と共に培ったサービス向上の質を進化させた価値を日本国内に拡充し、高齢者社会を迎える国々へ、心の翼「循環型の幸福社会の構築」教育事業(講演・コンサルなど)で寄与してまいります。

企業理念を共有し共鳴し合える仲間や支援者のネットワークの皆さんと「喜びの笑顔と生きがい」、「希望と未来の光」、「幸せを感じられる豊かな社会・世界」を一緒に築いてまいりましょう。

笑顔・喜び・感動・やりがい・希望・生きがい・幸福感の共感と共鳴

旅がもたらす効果➡旅のフィールドで質の高いリハビリの実践

・温泉宿泊・旅行体験でリフレッシュ・喜び・感動・生きがい・達成感

・旅はバリア移動の連続体験で質の高いリハビリ実践

・当事者・家族・関係者の皆が感動体験の喜びを共有

➡自信と希望宇➡次の目標(生活や旅行:やりたい事・リハビリ)

➡生きがい・生きる希望➡係る皆で幸福感の共有・共鳴

お客様の喜びの声

高齢者・障がい者や杖・車椅子旅行:合理的配慮【宿泊・観光地】環境の促進 

1.温泉宿泊時の困りごとの合理的配慮の対策

「杖歩行で旅行のみ車椅子利用者の困る事」声多数は「転倒・トイレ」です。

トイレは、館内に多目的トイレがある、バリアフリー部屋のトイレの情報で利用でます。

転倒に対する不安は、福祉用具で一部が解決できます。

Q1「お風呂場の移動・保持弱く転倒しそう?」

A1入浴用車椅子の貸出で歩かない!安心快適に温泉に入れる。

Q2「下足場の1段(部屋・風呂・食事処)靴を脱ぐと転倒しそう?」

A2スロープの設置や貸出で車椅子のまま快適移動。

Q3「畳の上(部屋・風呂脱衣場・食事処)靴を脱ぐと保持弱く転倒しそう?」 

A3車椅子タイヤカバーで畳などを車椅子のまま快適移動。 

①物:移動に関する福祉用具の対応で解決

➡心の翼が宿泊施設へ「高齢者に優しい貸出備品(福祉用具)」の提案

●困る事:入浴用車椅子など備品・段差スロープ・畳移動の車椅子タイヤカバー

★車で運べない、宿泊施設が購入し貸出備品でおもてなしが理想ですね!

※ホームページで「高齢者に優しい貸出備品」でPRすると選ばれますよ!

②人:入浴時の現地ヘルパー手配対応

➡施設が「ヘルパー手配代行」(地域事業所の介護保険外契約コーディネート)

●困る事:現地介護保険外サービス事業所のヘルパー手配代行がほぼ皆無

★宿泊施設が地域の介護事業所と連携でヘルパー手配の環境整備

※宿泊施設「ヘルパー手配紹介」(事業所の介護保険外契約を紹介)

➡「心の翼が入浴用車椅子を特別宅送(ヘルパーとセットでモニター利用)」

●現状困り事:入浴用車椅子は宿泊施設や介護事業所の所持がないレンタル品ではなく購入品の為、持参ができない折りたたみサイズ約230㎝、事前発送の料金が高額すぎる

★宿泊施設で購入いただき、おもてなし備品の環境整備がベスト!

★心の翼は現地ヘルパーと入浴用車椅子利用の手配代行を過去約230回実施

➡安心快適な温泉入浴・気よつける事・現地介護事業所ヘルパー手配

2.観光時の困りごとの合理的配慮の対策

困ること声の多数は「階段・急な長い坂道・砂利道・室内畳見学」です。

①受入れ施設の合理的配慮の場所がまだ少ない

※人的介助・近くに車の搬入・スロープ・貸出車椅子など増えています

人的介助(階段を車椅子神輿担ぎ・長い坂道を車椅子押す)

★立山黒部アルペンルート(ケーブルカー乗り場階段介助)

★駒ヶ岳千畳敷カール(ロープウェイ乗り場の階段介助)

★白神山地の青池(階段介助)

★称名滝(片道約1キロの登り坂道を介助)

物(貸出電動車椅子・室内用車椅子・スロープ・EV・モノレールなど)

★電動車椅子貸出:伊勢内宮(砂利)・二条城(砂利)・白馬栂池自然園(坂道)

★車椅子貸出(室内用):二条城・仁和寺・京都迎賓館・高山陣屋・箱舘奉行所・他

★スロープ設置:善光寺・二条城・東照宮・遊覧船・他

★エレベーター・モノレール設置:浅草寺・祐徳稲荷神社・宇佐神宮

➡心の翼がツアー商品やSNSで告知へ「合理的配慮で車椅子でも楽しめる観光地」

②合理的配慮で感動体験フィールドの拡充

●専用車椅子と人的介助のサービスのフィールドが少ない

※階段を神輿担ぎ・アウトドア用車椅子でフィールド移動など

物と人的介助の融合(アウトドア用車椅子等と人的介助の連携で感動体験)

★白馬五竜好山植物園(アウトドア用一輪車の人的介助でトレッキング体験)

★他フィールドの体験を現地団体や施設と意見交換

➡心の翼がツアー商品やSNSで告知へ「合理的配慮で車椅子でも感動体験ができる観光地」

資金支援のお願い:心の翼「循環型の幸福社会の構築」

私たちは、高齢者・障がい者や杖・車椅子の方へ、バリアフリーツアー・温泉旅行を通じ笑顔・喜び・感動・希望・生きがい・やりがい・幸福感を提供し、大切にしていることは「あなたの喜びが私たちの喜びと感じられる幸せ、あなたとつながる」幸福を感じられる社会です。

皆様から現場の困りごとの心の叫びを感じながら、ひとつひとつの課題解決に向き合うことは、昨年はコロナ禍で全国車椅子温泉宿泊情報を400軒調査し、「全国車椅子温泉宿泊情報サイト」の開設、内容は車椅子の移動・部屋のトイレとベット空間情報・貸切や部屋風呂のバリア情報を写真とコメントで公開し、国民に活用いただけるよう社会に貢献しています。

コロナ禍で緊急事態宣言(外出自粛)が続く環境の中、今年度は、杖・車椅子旅行の合理的配慮(人的介助や福祉用具や外内用車椅子の活用などの連携)の宿泊施設や観光地が少ないなどの課題に対する実践やモニターの実践と対処事例をホームページで「見える化」し、皆様(利用者・家族・受入施設・支援者等)に「困りごとのお声」や「価値(経済・社会・環境)と貢献(企業・地域・社会)」に対する「あるべき姿」の声をお聴きし、更なる社会の課題解決に優先順位を付けて皆様と一緒に実行してまいります。

支援活動の目的は、高齢者・障がい者や杖・車椅子旅行の利用者の環境整備の促進です。

一つ目は、宿泊施設が福祉用具の貸し出しでおもてなし宿泊の促進。

二つ目は、観光地が人的介助や室内や屋外用車椅子の活用でおもてなし観光の促進。

三つ目は、心の翼バリアフリーツアーなどに組み込み、おもてなし観光フィールド環境の拡充で利用促進。

四つ目は、利用されたプロセスと本質の喜び声を公開し、共感を拡げ、多様な方々の声を収

して、更なる課題解決の循環の促進。

五つ目は、活動理念に共感される多様な方の力を結集し幸福社会の実現。

活動理念に賛同いただける支援者様を通じ、「幸福社会の構築(支援者・共感者➡受入環境整備➡利用促進➡利用者の声の発信➡多様な共感者増進➡幸福感を感じる社会)」循環型のネットワーク・プラットホームの拡充を多用な方々と「喜びの笑顔と生きがい」、「希望と未来の光」、「幸せを感じられる豊かな社会・世界」を一緒に築いてまいりましょう。

感動と幸福社会の実現

「感動」    

諦めていたことが人とモノの連携で当たり前にできる感動体験を通じ自信と勇気と希望と生きがいの提供

「幸福を感じる社会」

当事者や家族と関係者と共感者の皆が支え合いを通じ、笑顔・喜び・やりがい・誇り、幸福感あふれる社会を拡げる

事業内容

①宿泊施設へ福祉用具販促(広報費・商品パック補助支援・運営費)

②入浴用車椅子のモニター(デモ機2台・宅送料補助・広報費・運営費)

③感動体験のフィールド拡充(下見4か所・モニター経費・映像広報・運営費)

④映像編集情報の公開(写真やビデオ映像の編集をHP・SNS・YouTubeで公開)

⑤心の翼の一部利益を還元➡支援事業へ還元

⑥スポンサー:企業1口2万円・クラウドファンディング個人1口5千円

⑦目標金額(本年12月末まで300万円)

⑧目標金額明細(詳細はご覧ください)

「スポンサー」

私たちは企業理念に賛同して高齢者・障がい者の笑顔や喜びや生きがいが拡がる社会を一緒に支えます。

「クラウドファンティング」

温泉入浴用車椅子や観光の貸出車椅子の普及や現地人的介助の連携が拡がる幸福感あふれる社会を一緒に支えます。

⑨支援金申込(下記のフォーマット入力・⑧の詳細へ振り込み)

●支援者へフィードバック内容

★支援事業の社会貢献価値の共有と共鳴

①支援者の企業名・個人名を公開(※非公開も可能・1か月単位で更新)

②HPの「価値の創造とビジョン」コーナーで事業プロセスと喜び声を公開し、支援事業の

社会貢献価値の共有と共鳴。