観光施設、観光協会、自治体向けセミナー(観光庁ユニバーサルツーリズム促進に基づいた)コンセプトの共有「高齢者の楽しめる観光と幸せを感じられる暮らし」4つ実践ユニバーサルツーリズムの意義②ユニバーサルツーリズムの実践③連携ブランドを国内外へ発信④共感・参画・連携から「訪れてよし・住んでみたい」共感で観光客の定住を促進し幸せを感じられる社会。https://kokoro-ts.co.jp

「ユニバーサルツーリズムの旅行誘客の意義」「地域の連携でUT観光の必要性の共感」

「共感と参画」ユニバーサルツーリズムで地域活性化・官民連携・町のバリアフリーとバリア情報の見える化

「ユニバーサルツーリズムの実践」➡「笑顔や喜びを感じホスピタリティ人材育成」

「コンセプト共有実践」調査・付加価値企画・モニター・情報発信・誘客 

「地域連携でブランド発信(国内外)」➡「五感で楽しめる地域限定の感動体験を提供」

「心に響く感動」 大自然・文化・郷土食・体験を通じた人のやさしさを発信

「滞在型観光でブランド化」➡「訪れてよし、住んでよし」豊かな地域づくり

「地域社会」コンセプトの共感で観光客の定住を促進し、幸せを感じられる社会