車椅子旅行に役立つ情報車椅子の旅行の救急時の医療機関の流れ

同行している赤十字救急法救急員の添乗員が

約3時間おきの健康観察(顔色などの観察と声かけ)で気にかけ

血圧・体温などの確認し、

宿泊時は夜間救急病院へご案内。

観光移動中に早く医療につなぐ救急対応が必要な時は救急車を呼び

バトンタッチをいたします。

救急車を呼ぶ場合は申込書の緊急連絡先へ報告します。

入院時は、ツアー離団となり全て医療機関様にお任せします

退院から帰宅に関しても、

入院先の医療機関の相談員様と意見交換をされ、

手配・移動を受けていただくようになります。