車椅子旅行ツアー 障害者・脳卒中・車椅子・杖歩行でも楽しめる快適な新幹線旅行
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 講師 旅を通じ高齢者・障害者のQOL向上

講師 旅を通じ高齢者・障害者のQOL向上

高齢者・障害者の旅行や外出支援を通じて、喜び・感動・生きがい・幸せを感じられ、自信が付き、生活の中で手のとどきそうな目標がリハビリの原動力になられ、生活の質の向上をされてている幸福感の共有事例報告。ユニバーサルツーリズムにおけるバリアフリー旅行の促進の事例報告。

ユニバーサルツーリズム促進から地域創生「幸せを感じる観光と暮らし」促進事業

【ユニバーサルツーリズム促進事業】観光フィールド、観光協会、自治体向け研修会: ユニバーサルツーリズムスペシャリストアドバイザー4つ実践:①ユニバーサルツーリズムの意義 ②ユニバーサルツーリズムの実践 ③連携ブランドを国 …

観光施設・観光協会・自治体向けセミナー(高齢者・障がい者の誘客)【対策】

観光施設、観光協会、自治体向けセミナー(観光庁ユニバーサルツーリズム促進に基づいた)コンセプトの共有「高齢者の楽しめる観光と幸せを感じられる暮らし」4つ実践:①ユニバーサルツーリズムの意義②ユニバーサルツーリズムの実践③ …

温泉宿泊施設向け研修会(高齢者・障がい者の誘客)【対策】

温泉宿泊向け研修会(観光庁ユニバーサルツーリズム促進に基づいた)~簡単・意識は低く・一歩が踏み出せる~4つ実践:①心のバリアフリー②理解と対処③見える化④心に寄り添う回答。多様な方々約2万名の現場の介助の体験「現場の困る …

高齢者・障がい者の願い「温泉旅行」【課題】

【課題①】物理的なバリア「杖歩行や車椅子移動時の階段や段差」館内や部屋・風呂・食事の階段や段差【課題②】心のバリア・知る「困ることの理解と配慮」トイレ・お風呂・食事について【課題③】心のバリア・配慮「貸出備品・福祉用具等 …

旅行者の特性に応じた必要な配慮(個々)

【特性に応じた人のサービス・器具等のサービスの配慮内容】個々により配慮の程度は異なります。視覚障害者⇒点字情報、大活字、音声情報、介助サービス。聴覚障害者⇒手話通訳、筆談対応、呼出ベル。肢体障害者⇒段差解消簡易スロープ、 …

旅行者の特性に応じた必要な配慮(全体)

【共通して考慮する配慮内容】個々により配慮の程度は異なります。イメージしてみましょう。ゆったり案内⇒高齢者、内部障害者、肢体障害者、知的障害者。ちょっとした介助⇒高齢者、肢体障害者(車椅子使用者)、視覚障害者。段差無しの …

多様な旅行者

障がいを持つ方は多様であり、旅行はきめ細かい配慮や対応が必要となります。視覚障害者⇒「見えない・見え方」に障害。聴覚障害者⇒「耳が聞こえない・難聴・聞こえ方や言語」に障害。肢体障害者⇒「全く歩行が困難・杖など補助具で歩行 …

高齢者・障がい者の願い「温泉旅行」【現状】

旅行情報では、説明や正確な情報(数値的は記述)が少なく、利用者にとって判断に困る。 観光地情報では、移動路面の段差や段差・坂道の傾斜の情報を得られなく、貸出の屋外や室内用の車椅子やスロープ利用が少ない。旅行商品では、募集 …

ユニバーサルツーリズムの必要性と効果

ユニバーサルツーリズムとは、すべての人が楽しめるよう創られた旅行であり、高齢や障がい等の有無にかかわらず、誰もが気兼ねなく参加できる旅行を目指しています。ユニバーサルルーリズムの観光地づくりに取り組むことで、観光客の増加 …

高齢者・障がい者の旅行誘客から幸福社会

2025年高齢化率30%以上となり、2040年70歳以上の利用率1回を60歳以上と同じ1.41回に引きあげると経済効果約1兆円、高齢者・障がい者の旅行誘客は必要です。そのためには、温泉旅行の環境整備、民間・事業者連携・D …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 心の翼 バリアフリーツアー All Rights Reserved.現在のページのQRコード
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
テキストのコピーはできません。