車椅子旅行に役立つ情報車椅子旅行の問い合わせから出発までにしておく事

、流れのイメージ(きめ細かく不安なこと・困りごとに対して写真をお送りして不安解決の電話を入れます)。

①お問い合せ・資料請求~

②困る事・不安解決の電話~

③申込~

④受入施設と打合せ~

⑤準備~

⑥最終案内~

⑦出発・当日 

2、具体的な確認項目の説明。

①お問合せ・資料請求

お客様の気になる困りごと・知りたいことにお答えいたします。 心の翼小冊子パンフと JR車いす席・専用車内・宿泊部屋のトイレのイメージ写真を送付します。

②パンフ送付後、

困る事・不安解決の電話 ◎お客様の外出時の困り事と生活状況をヒアリングします。◎不安な項目の対象方法を、送付資料を見ながら説明し、 1つ1つの対処法を確認いただき安心へ導きます。

③申込

◎申込用紙の記入・身体障害者等の手帳 コピー (割引確認)・お薬手帳コピー(当日健康観察時参照)を、お送りいただきます。 ◎申込金指定口座へ入金いただきます。

④受入施設と打合せ

お客様のご希望(食事ケア・JR車いす席・温泉ヘルパー手配他)を 受入施設と意見交換し連携します。

⑤準備品

◎本人ケアに必要な物・ホテル到着まで 車いすの後ろのリュックサックに準備 ◎ケア備品は通常の2~3倍程度持参、夜のケア品の確認など説明◎気温と服装の案内(特に体温調整の寒さ対策・ひざ掛けなどの説明) ◎荷物が多い場合は、事前に宿泊施設へ宅送(前日必着)

⑥最終案内

2週間前ごろ集合場所時間・最終日程表・現地気温・服装・現地宿泊地の病院など・残金請求書 ⑦出発・当日◎添乗員(赤十字救急法救急員)が約3時間ごと 健康観察声かけで、 体調面の変化を洞察し必要な場合は、救急病院・救急車の連絡をいたします。 ◎添乗員が観光地の坂道などお困り時に、側面で一部介助します。 ◎添乗員がホテル係員と連携して、到着時に大きな荷物をお部屋まで届け、出発時には20分前ごろお部屋に取りにお伺いし専用車まで運びます。

お届け、朝はピックアップします。