椅子旅行に役立つ情報車椅子に優しい宿泊部屋を選ぶポイント!。

 お部屋のベットまでとトイレまでの導線と介助空間のバリア情報を確認する

お部屋の中の導線、

車椅子から降りてベットまでやスリッパをはかないといけないタイプが増えていますので事前確認が必要。

お部屋のトイレ

ドアはスライドドアで車椅子ごと 便座の近くまで移動でき、

壁にL字の手摺があり反対には跳ね上げ式の手摺の確認。

ベット回りの移乗介助の空間

車椅子を45度斜めにして介助者が入るスペースが作れるかの確認。