車椅子旅行ツアー 障害者・脳卒中・車椅子・杖歩行でも楽しめる快適な新幹線旅行

ユニバーサルツーリズム促進事業

  • HOME »
  • ユニバーサルツーリズム促進事業

目次


■1.心の翼 株式会社昭和観光社がユニバーサルツーリズムに取り組んでいること

■2.ユニバーサルツーリズム促進のヒストリー(平森良典)


■3.高齢者・障がい者の温泉旅行の現状と課題




■4.ユニバーサルツーリズム促進事業の必要性

・介護認定者の取り込みも必要

・高齢者に多い「ひざ・腰・骨の病気」7,620万人➡対応の必要性

・脳卒中と関節疾患の方が介護者の3割余り➡対処の必要

・旅行を諦め始める「75歳~80歳代前半」の足腰の不安な高齢者や要介護者の取組

■5.宿泊事業者:課題の解決





■6.観光施設:課題の解決




■7.ユバーサルツーリズム宿泊施設向け研修会

「心の翼」担当者平森良典は、福祉団体40、心の翼バリアフリーツアー27年間現場の添乗業務をし、2万名の多様な方々の現場の困りことの介助(観光移動・トイレ・部屋・温泉など)の対策実践をしています。さらに全国1,000件の温泉宿のバリア情報調査をし、全国バリアフリー温泉宿泊情報サイトを運営しています。

大切なことはユーザーや家族が知りたい場所のポイント情報と写真でユーザー自身が判断できる」利用前の納得感の促進です。

現場の多様な困りごとの実体験、対処事例などを分かり易く、即実務に役立つ研修会です。※約60回(約千名)研修会の実績。

※第7回国土交通省バリアフリー化促進功労者大臣表彰。

  

観光庁ユニバーサルツーリズム促進検討会委員20112016年度)の平森良典が(2019年度観光庁発行)を用いて、「高齢者の方・障がいのある方などをお迎えするためのマニアル」「ユニバーサルツーリズムのスペシャリスト専任講師」として当事者の困りことの対処事例を中心に社内勉強会を開催。

 

選べる研修会・op(おもてなし備品・HP体験)支援

オンライン受講(座学)

Zoomを用いたライブ
配信で受講できる。
職場・テレワーク先から)











<オプショナル>
①おもてなし備品支援
(デレビ電話で館内調査)
②HP情報発信支援
(オンライン)

会場受講(座学)

講師と対面して学べる。
経験豊富で的確な助言
質疑も的確な回答



<オプショナル>
①おもてなし備品支援
(対面で館内調査)
②HP情報発信支援
(オンライン)

会場受講(座学+疑似体験)

 

講師と対面して学べる。
経験豊富で的確な助言
質疑も的確な回答




A)簡易疑似体験
(車いす・視覚・聴覚)

 

 


B)簡易疑似体験(避難訓練)


<オプショナル>
①おもてなし備品支援
(対面で館内調査)
②HP情報発信支援
(オンライン)

「研修会(座学)」

    

 

「簡易疑似体験(車椅子・視覚障害者・聴覚障碍者)」

①車椅子の段差介助体験    ②視覚障害者     ③聴覚障害者

  

 

■8.観光事業者・団体・自治体向けユニバーサルツーリズム促進支援

観光事業者・団体・自治体向けユニバーサルツーリズム促進事業

(人にやさしい観光地域・未来の暮らし)

 

私たちは、観光庁ユニバーサルツーリズム促進に基づき、滞在型観光を推進することで「セミナー・コンテンツ開発・モニターツアー・市民や学生と連携・情報発信・喜びやりがい生きがいの共感の空気感」を通じ、「もう一度訪れたい、セカンドライフ、住んでみたい」促進します。

 

「市民のQOL向上・パートナーシップの形成・制度との連携・地域課題を共感参画の促進・内外に発信・地方創生・幸福社会」を創造するパートナーを目指します

 

・高齢や障害をお持ちの方へ温泉宿泊・滞在型観光の誘客へ(地域連携)

 

・私達の理解・接遇「喜び笑顔あふれる宿・観光地域へ」(パートナーシップ)

 

・お客様の喜びは私たちの喜び(働きがい・生きがい)

 

事業者と市民の連携で支え合い住みたい町へ(地方創生)

 

・市民の外出はQOL向上・暮らしやすい町へ(幸福社会)

 

  

  

 

   

     

     

目次

■9.「教育事業」旅を通じQOL・生きがい・働きがいの幸福感の提供

■10.人にやさしい観光から地方創生(未来に暮らす町)【提案】


■11.【SDGs】(未来を一緒に考え共有しパートナーシップ構築)

 「人にやさしい観光・未来の暮らし」幸福社会を創造するパートナーを目指します。

私たちは、ユニバーサルツーリズム促進事業を通じ、3番(すべての人に健康と福祉
)・
4番(質の高い教育をみんなに)・8番(働きがいも経済成長)・10番(人や国の
不平等をなくそう
)・
11番(住み続けられるまちづくりを)・17番(パートナーシップで目
標達成
)のパートナーシップを構築し、「人にやさしい観光・未来の暮らし」幸福社会を
創造するパートナーを目指します。

     

     

 

【旅行の促進支援】

 心の翼バリアフリーツアー(多種多様な商品)を通じ、多様な方々が旅行・温泉を楽
しまれ人生の喜びと生きがいを感じていただける社会を目指します。

    

 

【観光事業者向け研修会促進支援】

  観光庁ユニバーサルツーリズムの基本理念のもと、心の翼「観光施設向け研修会パッ
ク」を通じ、多様な方々の受入促進を通じ、「心のバリアフリー認定促進」「お客様・スタ
ッフの喜びと生きがい・働きがい」が拡がる高付加価値の社会を目指します。

     

 

【自治体・各種団体・事業者向けユニバーサルツーリズム促進事業】

  ~ユニバーサルツーリズム総合(観光・愛着・定住)~

 滞在型観光を推進することで「事業者と市民の連携・情報発信・喜びやりがい生きがい
の共感の空気感」を通じ、「もう一度訪れたい、セカンドライフ、住んでみたい」を一緒
に創出していきましょう。

市民のQOL向上・パートナーシップの形成・制度との連携・地域課題を共感参画の促
進・内外に発信・地方創生・幸福社会」を創造するパートナーを目指します

・高齢や障がいをお持ちの方へ温泉宿泊・滞在型観光の誘客へ(地域連携

・私達の理解・接遇で「喜び笑顔あふれる宿・観光地域へ」(パートナーシップ

・お客様の喜びは私たちの喜び働きがい・生きがい

・事業者と市民の連携で支え合い住みたい町へ(地方創生

・市民の外出はQOL向上暮らし易い町へ(幸福社会

     

     

 

ユニバーサルツーリズムセミナーコンテンツ開発・学生のバリア調査・当事者との
ふれあい
を通じたコンテンツモニター検証バリアフリー(バリア)情報の発信・を通じ
誘客の流れが始まり、滞在型観光に係る方々心のおもてなしの空気感から初めて「町に
愛着を持ってくれる人
(関係人口)」を増やし、次に「町の交流イベント」開催を通じ
住んでみたいと思われる
企画と町の定住促進施策を連動することで「町に定住する人(定
住人口)」を増やす目標を個人・事業者・団体・自治体が一緒にパートナーシップのもと
共感し合い、新たな施策(町特有のポイント特典など)を未来の暮らしを見据えた幸福社
会の創出するパートナー
を目指してまいります。

 

 

■12.私たちは幸福社会を創造するパートナー・ビジョン

【企業理念】

 感動を提供し幸福社会を創造するパートナーを目指します。

【経営方針】
 1、観光を通じ人にやさしい未来を創ります。
    (やさしい旅行・やさしい観光・やさしい町)

 2、価値ある商品・社会づくりをサポートします。
    (感動体験・地域活性・住みたい町)

 3、成長・喜び・幸せを感じ合える環境をつくります。
    (生きがい・喜びの笑顔・幸福社会)

テキストのコピーはできません。